HOME » ためになる基礎知識 » 木の特徴を生かした家づくり

木の特徴を生かした家づくり

伝統と木を重んじて

法隆寺五重塔

日本は「木を組む」伝統からいうと、世界屈指の技術を誇って
います。木造建築最古の建物は、我が国の世界的資産である、
法隆寺です。この様な技術が伝承されたことに感謝するととも
に、大事にしたいものです。では、どのような事を大事にした
らよいのでしょう。


木材の癖を見る眼

針葉樹と広葉樹

木材は自然なものなので、産地、種類、保存法や施工法
によって、大きく性能が異なります。その為、欠点をカ
バーし、長所を生かして使うことが重要になってきます。
土台や柱、桁、梁などの構造材に使う木はヒノキ、マツ、
スギ。腐らない、痩せない、歪まない土台をつくるには
ヒノキの心持ち材がよいとされています。また、真っ直
ぐで狂いの少ないものが柱材にはよく、和室や床の間な
ど、表面に見える部分には木目の美しいスギ、ヒノキが
適材です。


手間を掛け、木材を経済せず、使うべき所に使う

架構に用いられる木材

床、天井、戸、敷居、床の間など、さまざ
まな家の部位に合わせて、スギ、ヒノキ、
マツなどの針葉樹、ケヤキ、ナラなどの広
葉樹が使われます。階段の踏み板には丈夫
なヒノキ、マツ、ベイマツ、台所やトイレ
などの水まわりには腐りにくいヒノキ、ヒ
バを選びます。

架構とは

木材の乾燥

一般に木材は水分を多く含んだまま使用すると割れやそりの原因になります。その為適正に乾燥させ
た木材は強度が増し、丈夫で長年に渡って美しさを保ちます。また、自然な木材の呼吸を促し、室内
を快適に保ってくれるばかりでなく、床鳴りや建具の不具合が少なくなります。




木組工務店このページのトップへ
このサイトについて