HOME » ためになる基礎知識 » 建築に関する儀式

建築に関する儀式

日本の儀式

お供え物

日本の文化・風習は、「儀式の中に祈りをこめ、願をか
ける」という形態の中で文化・伝統を育んできました。
正月の元朝参りに始まり、彼岸・お盆の先祖祟拝、結婚
の神前結婚式、子供の無事を祈って七五三参り等々数限
りを知りません。
このような風習を無視して良いものか、残すべきかは各
自、各様に判断すべきです。しかし、大方は伝統に従っ
て家を建てる前に「地鎮祭」建前の当日は「上棟式」完
成したら入居前に「新室式(にいむろしき)」入居後に
「新築祝い」を実施しています。


地鎮祭

地鎮祭

基礎工事を始める前に敷地を清め、土地の
神様に祈りを捧げ、工事中の無事を祈るお
祭りです。神主を招き、お施主様・棟梁・
工務店の責任者などが参列します。


上棟式

上棟式

土台を敷き、柱・梁を組み棟木を上げる段
階にする儀式で、建物に災いが起こらない
ように神に祈る意味があります。
最近では簡略化されることが多く、棟梁が
代行して祈ります。
地域によっては棟の上から硬貨を紙に包ん
だおひねりや、おもちをまいたり近所に配
るところもあります。
向こう三軒両隣と裏の家の方にちょっとし
た品物を持参し、挨拶しておきましょう。


新室式

住宅が完成し、最初にする行事として新室式(にいむろしき)があります。神主様を招き、これから
の家族の無事を願ってお払いします。


新築祝い

新築祝いの酒

引越しが済み、身の回りが落ち着いたころ、親戚・友人・お世話になった方などを呼び、新築祝いを行います。
来て頂いたお客様には、トイレや寝室など家の隅々まですべて披露するのが慣しとなっています。
家を手掛けてくれた大工さん達も呼び、仕上がったマイホームを見ていただきましょう。

なお、新築祝いの贈り物で注意しなければいけないこととして、火にまつわる物は火事を連想させるので避けましょう。(ストーブなど)


新築に刃物を送る習慣

昔は新築の家の屋根裏に、その家を造るときに使用したノミやカンナを祭るとという習慣がありました。刃物には「魔よけ・守り刀」という意味があります。現代でも新築祝いとして刃物が使われるは、このような理由からです。



木組工務店このページのトップへ
このサイトについて