HOME » ためになる基礎知識 » 家づくりの豆知識

住んでからわかる安心、安全、快適なくらし

木組工務店自慢の確かな技術

01地盤調査

地盤の良し悪しは耐震性に大きく影響します。
「基礎下は堅固」を理想としながらも、
軟弱地盤や埋立地に建設しなければならない現状があります。

これからの場合、地質調査を行い、
ビル建築では常識的なパイル打ち込みを住宅に活用し、
松杭を打ち込むだけで大変な効果を発揮します。
地盤調査によって杭の必要本数などを決定する事になります。

地震の際、三沢市内でも6cm沈んだ家もあったとの事です。

杭打ちの費用は保険と考えれば
決して高くはない投資と言えるでしょう。

地盤改良とは
パイル工事とは
不同沈下の原因


02基礎工事

基礎の役割のひとつは、建物の重量や建物に
外から加えられる力(地震や風)を、均等に地盤に伝えること。

もうひとつは、地面の湿気から建物を守ることです。

その為、充分な強度と不同沈下しない一体性、
そして湿気が溜まらない通気の良さが必要になります。

基礎工事は、現場作業の最初の仕事であり、
これでクレームが発生すると最後までトラブルが続きます。

よって、基礎造りの作業員への指示は充分に注意を払い、
工程写真をとって後日の安心につなげるのが良いと思います。

アンカーボルトのセット
配筋、コンクリート打設


03木工事

工法は、大きく分けて「剛構造」と「柔構造」に分けられます。
剛構造の代表は、配筋コンクリート造や2×4工法で、
これらは大きな揺れに耐えられますが、
許容限度を越えていると一気に影響を受け、地震後、
元に戻りにくいと言えます。

しかし、この工法は北米で古くから用いられており、
業績があり、確かに大変合理的な構造になっております。

柔構造の代表は、日本の伝統建築工法である、在来軸組工法です。
ゆれに対しては、地震の強さに比例して建物も揺れ、
その際内装材(壁紙)などが引っ張られて多少の被害を受けます。

しかしこの後、建物自体は構造材が互いに心地よく収まろうとし、
復元力が働いて再び全体が整います。
ちょうど、柳が風にしなやかに揺れて、
風がおさまると何もなかったかのように
また元に戻るのがそうです。

日本の寺院仏閣の類はこの傑作と言えるでしょう。

ビルで例えると
筋違い


04大工工事

日本には古来から「木を組む」という歴史が存在しました。
このもっとも大きな力が大工の技量です。

アメリカやカナダで派生した2×4工法は
開拓者工法と言っても過言ではありません。

この工法を初めて日本に導入したのが、
大手建材メーカーでした。

そのキャッチフレーズが
「工期短縮」、「技能差なし」、「材料の規格化」でした。 

これに反し日本古来の大工・棟梁は
「木を知り尽くし、適材適所の眼を得、正に技能そのもの」です。

当社はこれまでアメリカ人の住宅をたくさん作ってきましたが、
彼らの感想は「木を組む技能への憧れ」そのものです。

火や地震に強い木材


05クロス

室内空間では壁の占める割合が多く、
インテリアのイメージに与える影響が強いばかりではなく、
シックハウスなどの室内の空気環境をも左右します。

種類や素材が豊富で価格にも幅があるのが特徴ですが、
主に「クロス(壁装材)」が多く使われます。

また、クロスとならぶ代表的な壁材に「合板」があり、
その表面に加工を施したものを「化粧合板」といいます。

クロスの種類と特徴


06給排水

設備機器は住み始めるとすぐにお世話になるものです。
不備があると快適さが半減してしまいます。

機器類の指定に違いがないか、給排水の場所、
蛇口の種類や位置、ガス配管の必要箇所などが
希望通りになっているか、事前のチェックをしています。

給排水の留意点


07完成

お家が完成してお引き渡し、お引越し。
いよいよ新しいお家での生活が始まります。

木組工務店では、アフターメンテナンスも行っております。
また、専属の大工がいますので、ちょっとした不具合など
ありましたら、迅速に対応させていただきます。
お問い合わせはお電話で0176-57-4547

住宅性能保証制度とは





木組工務店このページのトップへ
このサイトについて