みんなでできるエコ

身近なエコの話

今こそエコなお話2011年4月12日 15:09

平成23年3月11日(金)午後2時46分に発生した大地震。

東北の中心宮城県をはじめ、岩手県、福島県、青森県、そして関東近県にまで多大な被害を及ぼしました。

 

発生から約一ヶ月経過しましたが、被害はまだまだ波紋を広げています。

止むことの余震、関東地方を中心に毎日の計画停電の実施、食糧や燃料に対する不安などなど・・・挙げるときりがありません。

こういった状況の中で「今、自分には何が出来るのか?」を考えている人がたくさんいます。

自分もその中の一人といったところでしょうか!

 

身近なところから考えると、テレビやラジオでも何度も繰り返し報道されている「節電」が挙げられますよね。

三沢市や近隣の市町村でも、地震発生から約2日間停電が発生しました。

その時誰もが思ったでしょう「電気が無いと何も出来ない!」 料理、暖房、照明、全て電力が必要。

毎日毎日当たり前のように使用してきた電気が、こんなに大切なものだったなんて!

普段は考えた事、なかったですよね(*_*;

電気っていつでも、スイッチを入れるとつく、ボタンを押すとつくetc・・・あたり前のように利用していたんですね・・・

 

この家電製品、消費電力やCO2排出量が多いベスト10を挙げると

1位→エアコン 2位→冷蔵庫 3位→暖房 4位→テレビ、電気照明 6位→パソコン 7位→オーブン電子レンジ 8位→洗濯機 9位→電気ポット 10位→炊飯ジャー

エアコン、冷蔵庫、照明器具など約7割が使われていることを考えると、この3つの使い方がポイントになってくるわけです。

まずエアコンですが

①カーテンを利用して熱の侵入を調整する

②フィルターをこまめに清掃する(2週間に一度くらい)

③暖房時は下向きに、冷房時は水平にします。(自動的に調整できる機種もあります)

④オフシーズンはコンセントからプラグを抜く

⑤室外機の廻りに物を置かない

 

次に冷蔵庫は

①風通しの良い所に置く(ガスコンロの近くは避ける)

②ドアパッキンをチェックしましょう!冷気の漏れの原因になっている場合もあります。

③冷蔵庫下部のグリルの清掃をする

④冷蔵庫に入れなくても良い食品をチェックしてみましょう

  ●野菜室に保存しなくてもよいもの→玉ねぎ、にんにく、かぼちゃ、ごぼう、いも類、など

  ●野菜室に保存してはいけないもの→バナナ、パイナップル、メロン、アボカド、パパイヤ、など

 

多くの家電製品は、リモコンで電源を切っただけでは、タイマーやメモリー、内蔵時計などの機能を維持するために、電力を消費しています。これが待機時消費電力です。

このような製品が増えているので、使用しない時はコンセントを抜いてください。

また買い替える時には、エネルギー消費効率の良い機器を選んでください。

そして、冷暖房の適正温度を守ったり、冷蔵庫のドアの開け閉めの回数を減らしたり、少しずつ無駄を省くだけで、毎月の電気代も少なくなります。

 

自分も少しながら節電を考えて、使用していない電化製品の見直しや、余分に使っていた電化製品の整理をしてみました。

その結果、2Fで使用していた冷蔵庫の撤去を決意!

ついつい使い勝手を優先して1、2Fと2台使用していたんですが、1Fの冷蔵庫で充分だったんですよねぇ・・・

ついでに冷蔵庫を撤去した隙間に飾り棚を付けてディスプレイスペースを設けてみました。

ほんのちょっとですが、空間が広がったような気がして得した気分にもなりましたよ(^-^)

IMG_0001.jpg
みんなでできるエコトップページ


木組工務店このページのトップへ
このサイトについて