みんなでできるエコ

身近なエコの話

住宅版エコポイントは快適なお話2010年2月25日 15:25

いよいよ「住宅エコポイント」制度が、3月8日(月)からスタートします。

「住宅エコポイント」とは、地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度で、国土交通省、経済産業省、環境省による三省合同の事業です。

ポイントの対象は、①エコ住宅の新築と②エコリフォーム

ポイントは新築が一戸当たり一律30万ポイント、リフォームが一戸当たり上限30万ポイントです。

1ポイントは1円相当で、必要書類を事務局に提出し、交換対象商品と交換できます。申請は原則、住宅所有者が行います。

エコポイントは、商品と交換するだけでなく、「即時交換」もできます。ポイント対象の新築住宅やリフォーム工事と併せて、同じ住宅のキッチンや浴室、トイレなどのリフォームを行った場合、その工事の費用にポイントを充てることができるのです。

01.jpg

資料:国土交通省の資料を基に日経ホームビルダー編集部が加工 

 

新築住宅の場合は大きなポイント獲得が可能となりますので、今回は身近なリフォーム時のエコポイント獲得術についてお話ししたいと思います。

例えば窓のエコリフォームの場合

内窓の新設一ヶ所あたりの獲得ポイント数は

●大窓(2.8㎡以上)=18,000ポイント

●中窓(1.6㎡以上~2.8㎡未満)=12,000ポイント

●小窓(0.2㎡以上~1.6㎡未満)=7,000ポイント

廊下・階段・玄関・居室・水まわりリフォームの場合では

●手スリ設置・段差解消=5,000ポイント

●出入り口や通路の幅を解消=25,000ポイント

 

上記を踏まえて例えると

①窓の断熱改修工事10ヶ所(大窓×3、中窓×3、小窓×4)で計118,000ポイント

②バリアフリー改修工事として、トイレの手すり設置+段差解消工事で10,000ポイント、同じく浴室の手すり設置+段差解消工事10,000ポイント+ドア幅拡張工事25,000ポイントで45,000ポイント

①+②=163,000ポイントとなります。

この獲得ポイントを「即時交換」(エコポイントが発生する工事を行った住宅と、同じ住宅で、同じ工事施工者が、一緒に行う追加工事の費用に使うことができるという仕組み)として利用して、トイレの便座を新しく!なんてことも可能になるのです。

 

この「住宅エコポイント」制度を利用して、快適な生活を皆さんも手に入れてみませんか?

もっと詳しく知りたい等は、お気軽に当社までご相談ください。

みんなでできるエコトップページ


木組工務店このページのトップへ
このサイトについて