筋違い・画像四角の中に筋違いを通し、三角形を二つつくることで、構造体は外力に耐えることができます。

筋違いは木造の軸組に含まれることから、乾燥材であり、通りの良好なものを使用します。配置のバランスを考え、横架材間への収まりは使用に準じます。 また、柱の垂直を再度確認します。 基準寸法は90×30、90×45ですが、当社では105×45を使用しています。