火や地震に強い木材・画像「木を組む」技は大工の技量で決まります。

木は間接的な火対しての発火点は450度で、しかも表面が炭化して燃え広がるのを防ぎますから、直接火に当たらないようにすれば、火災に強いと言えるのです。
また、木造は総重量が軽く、家全体にかかる力が少なくてすむため、揺れにも強いと言われています。