HOME » 5つのこだわり » きぐみの地震対策安心基準

きぐみの地震対策安心基準

地震に対するこれからの「安心基準」

世界で起こる巨大地震の5回に1回は日本で発生しています。

地震大国日本の住宅では、
耐震構造の家を建てるのが常識となりつつあります。
青森県東方沖など大型地震が起こり
岩手や宮城、北海道で起こる地震の影響も
多く受けます。

巨大地震発生分布図

最近の新築住宅でも倒壊しますか?
阪神淡路大震災や新潟県中越地震の被災状況よりと位階した住宅中には新築住宅もありました。したがって、最近の新築住宅でも倒壊する危険性はあります。

主な原因は?

バランスが悪い、品質が弱いなど

1耐力的バランスの悪い構造設計 2施工品質の悪さ

対策は?

耐震度数3、第三者がチェック

1建築基準法より耐力ヶ1.5倍強い耐震等級3で設 計すること。 2耐震性能が高い設計でも、施工が間違っていれ ば耐震性が発揮できずに倒壊・崩壊する危険があ りますので、講師を第三者が検査し施工品質を確保 することがポイントです。

耐震等級3の設計とは

耐震度数3は消防署や警察などの建物の基準に相当します

建設許可条件を定める建築基準法とは別に、国土交 通省が2000年に定めた品質確保促進法の住宅性能 表示制度による耐震性能で、新築木造住宅において 建築主が選択できる最高等級の耐震性能です。

これを実現するのが・・・

災害時に復旧の拠点となる重要な消防署・警察署と同じ阪神淡路大震災級を超える規模の地震に耐えうる基準「耐震等級3」に相当

スーパーストロング構造体を使った地震に強い家とは?

スーパーストロング構造体について

3階建てにも対応しています

A:SS構造体は耐震設計技術を用いた木造新築住宅専用 構法です。3階建てにも対応しています。 【耐震等級3プラン】 SS構造体を用いた住宅は全棟、トステムで構造設計検査 を実施します。お客様のお好みの外観や間取りに対し「 耐震等級3」相当の耐震性が確保されるので、お客様が 安心して採用頂ける構法です 【住宅瑕疵担保責任保険法人による工事の信頼性確保】 トステムが設計検査した物件は、住宅瑕疵担保責任保険 法人が現場検査を行います。

耐震性能を高める設計とは、どのようなものですか?

耐震強度を高める技術、一体となって変形を防ぐ各部材

A:建物を構成する各部材が、地震の左右の揺れに対し て一体となって耐えることができるように設計をします。 各部材は、通常は重みを支える役割ですが、地震時には 一体となって変形を防ぐ役割を担います。

耐震等級3(SS構造体)の家は、なぜ強いのですか?

耐震強度を高める技術、一体となって変形を防ぐ各部材

A:耐震等級3の家は、接続部分を金物でしっかり補強 しているので安心です。 【地震が起こった時の建物の揺れ】 2階建ての住宅で下屋などがある建物では、地震時の建 物の揺れ方が建物の大きさによって異なるため、相反す る動きが生じる場合があります。 SS構造体の家では、主屋と下屋の接合部分を金具でしっ かり補強し、建物の一体性を高めているため、地震に強 い建物になります。




木組工務店このページのトップへ
このサイトについて