HOME » 木組について » きぐみの家ができるまで

きぐみの家ができるまで

初めての家づくり

出会い

木組工務店がどんな工務店なのか。ホームペー
ジや資料請求、住宅完成見学会、木組協賛イベ
ントなど機会がたくさんあります。

是非まずは木組のことを知ってください。


ヒアリング

家族構成や要望。広さ、間取りなど気軽にお聞
かせください。すでに土地を購入済みであれば
土地の状態をチェックします。


プラン作成

お客様からのヒアリングをもとに基本設計のプランを作成します。
プランに変更があればその都度修正していきます。


地質調査

不同沈下が起こらない強じんな土地となるよう
しっかりと検査をします。結果を見てパイルや
基礎の仕様を確定します。

詳しくは地盤調査をご覧ください。


プラン打ち合わせ

作成したプランをお客様と確認しながら検討し
ていきます。
外観や設備、仕上げなど細かいところまで打ち
合わせをしていきます。


詳細お見積り

実際に行う設計図面をもとに、詳細見積もりを
提出します。
ここまでは料金が発生しません。
(地盤調査には別途料金がかかることがありま
す。)


ご契約(建築請負契約)

すべての詳細の見積もりの提示後、お客様にご確認、ご了承を頂き正式にご契
約となります。


建築確認申請

建築許可を取得します。


地鎮祭・着工

基礎工事を始める前に敷地を清め、土地の神様に祈りを捧げ、工事中の無事を
祈る地鎮祭を行います。
神主を招き、お施主様・棟梁・工務店の責任者などが参列します。
最近では省略する方も少なくありません。


基礎工事

配筋、コンクリート打設、アンカーボルトの
セットなどを行い、耐震性に優れた基礎を作り
ます。

詳しくは基礎工事をご覧ください。


上棟式

土台を敷き、柱・梁を組み、棟木をあげる段階にする儀式で、建物に災いが起
こらないように神に祈る意味があります。
地域によっては棟の上から硬貨を紙に包んだおひねりや、おもちをまいたり近
所に配るところもあります。
向こう三軒両隣と裏の家の方にちょっとした品物を持参し、挨拶しておきまし
ょう。


木工事

木工事は床や壁下地など木を使う工事全体のことをいいます。基本骨格がしっ
かり組まれているが、補強金物の取り付けの精度はどうかを確認します。
また、使われている材料に間違いはないか、筋違い、体力壁の位置、防腐、防
アリ処理なども確認しています。

詳しくは木工事をご覧ください。


大工工事

いよいよ大工の腕の見せ所です。
木を組む技は大工の技量で決まります。
建具もこの頃からはめ込み作業に入ります。

詳しくは大工工事をご覧ください。


クロス内部仕上げ

この頃になると、自然素材を使った塗り壁など
はお客様が参加することができます。
詳しくはクロスをご覧ください。


給排水

住み始めるとすぐにお世話になるものです。
新居にお引越しと同時に快適に暮らせるよう、事前のチェックをします。

詳しくは給排水をご覧ください。


御引渡し・お引越し

新居の鍵と保証書をお渡しします。
設備機器の取り扱いのご説明も行います。


アフターフォロー

定期点検で補修・点検も行っておりますが、もしも住宅の不具合などありまし
たら、お気軽にお申し付けください。担当者、当社専属の大工が迅速に対応さ
せていただきます。




木組工務店このページのトップへ
このサイトについて